青木 淳医師
生活協同組合ヘルスコープおおさかコープおおさか病院/消化器内科

生活の場が見える医療が新鮮だった

私は大学卒業後から民医連で働いています。大学生の時に参加した学生実習が民医連を選んだきっかけですね。その時は、病棟の診療と往診を見学する事が出来ました。往診では医師を始めとして看護師やリハビリスタッフと、患者さんのご自宅へと訪問しました。

その方は脳梗塞の患者さんだったので、治療してリハビリして終わりではなくて、ご自宅の状況をきちんと把握し、その上で在宅復帰して頂くという事が必要でした。実際行ってみると玄関の段が高かったので、各方面に依頼しスロープをつけました。このように“医者は病気だけ治しておけば良い”という考えではなく“生活の場が見える医療”が新鮮に映りましたね。

またカンファレンスも非常に魅力的でした。医師主導ではなく、看護師やリハビリスタッフからの意見も積極的に出る、というように“色々なスタッフが参加している”という雰囲気が魅力的でしたね。
大学病院もアカデミックな部分で魅力的だと感じ、熱心に誘ってくださりもしましたが、より民医連さんのほうが魅力的だと感じましたね。

青木 淳医師 インタビューの詳細を見る
コープ大阪病院
コープおおさか病院
大阪府大阪市
募集科目を見る

他のインタビューを見る

西上 喜房

西上 喜房
医師(消化器内科医)

様々なスタッフとの連携がスムースです

インタビューの詳細を見る
李 寿宝

李 寿宝
病棟看護師長

診療に役立つ情報を積極的に発信

インタビューの詳細を見る
村瀬 明世医師
財団法人淀川勤労者厚生協会西淀病院
糖尿病・代謝内科

二人の子育てと、医師の仕事を両立

西淀病院の常勤医師は週5〜5.5日勤務で夜診と当直が週に1回ずつという勤務体系が基本ですが、私は夜診も当直も免除してもらっています。主治医としても7〜8名の設定ですが、私は5〜6名ほどの受け持ちにして頂いています。その代わり、午前中の外来枠を他の医師より増やしたり、稀に空いている祝祭日で日直に入る等しています。

その時々のライフスタイルに応じた勤務体系を病院側から配慮して下さり、非常に助かっています。また他医師からの理解もありますので、遠慮しなければならないという雰囲気はないですね。時間外の急変についても当直医師が全て対応しています。
予め異常時の指示を出していれば呼び出される事も電話での相談もほとんどありません。

小学校1年生と2歳の子供の子育てと常勤医師の両立は簡単ではありませんが、病院側から最大限のバックアップがあるからこそ続けられるのだと思います。

村瀬 明世医師 インタビューの詳細を見る
西淀病院
西淀病院
大阪府大阪市
募集科目を見る

他のインタビューを見る

福島 啓

福島 啓
医師(地域総合内科医)

全人的医療のやりがい得られる病院

インタビューの詳細を見る
上田 真意子

上田 真意子
医師(糖尿病・代謝内科)

スペシャリストでなくジェネラリストを目指す

インタビューの詳細を見る
橘田 亜由美副院長
医療生協かわち野生活協同組合東大阪生協病院

生活をも救う「命を助ける」やりがい溢れる病院です。

患者さんに一番身近なかかりつけ病院として、何でも一番先に相談してもらえる信頼関係を作れる病院です。病棟で急性期の治療に関わり、外来で維持期を診て、往診で維持期から終末期まで対応していく、つまり、患者さんと長い期間、生涯に渡って支援できるのは、やりがいを感じますね。

在宅の患者さんが約250人と、在宅診療を手広くやっていますので、高次の急性期病院とは違った意味のやりがいもあります。命を救うという意味では同じですが、本人だけではなく家族の命も救う、生活を救う、地域に出ていってこそ感じられる在宅診療ならではのやりがいです。在宅患者さんを訪問してみたら、リウマチで寝たきりの奥さんを高齢のご主人が介護する老老介護で、生活が破綻状態ということもありました。

その状況から、人間らしい生活を送れるようにサポートしていったのですが、夫婦生活の最後の2年間を豊かに暮らせるまで支援できたことは、医療人として本当にやりがいがありました。

橘田 亜由美医師 インタビューの詳細を見る
東大阪生協病院
東大阪生協病院
大阪府東大阪市
募集科目を見る

他のインタビューを見る

石井 大介

石井 大介
医師(家庭医療専門医)

看護士、事務職の熱意感じる職場

インタビューの詳細を見る
寳井 晃美

寳井 晃美
病棟看護師長

先生が働き易い職場づくりを心掛けています

インタビューの詳細を見る
西田 拓司医師
社会医療法人同仁会耳原総合病院
循環器内科

二人の子育てと、医師の仕事を両立

耳原総合病院に入って特によかったのは、症例数が多いことと、指導医が優秀な上に色々と配慮してくれることです。例えば、大きな病院で研修医の人数が多いと、症例の順番待ちなんてことがありますが、ここでは指導医が公平に、手技が1人に偏らないように配慮してくれます。

私は循環器内科ですが、PCIは3.5人で年間300例以上と、医師1人当たりの件数は大病院を超えるくらいの数を行っています。指導医(部長)のカテーテル手技はすごい。部長は若いけれども、たくさんの経験を積み、認定医資格も持っているため、カテーテルの勉強を積む事が出来ます。

こういう先生のもとで習えることは、カテーテル手技の幅が広がりますし、ありがたいことです。また、基本がgeneral思考の病院であり循環器分野でも様々な分野を手広く学ぶ事ができます。

西田 拓司医師 インタビューの詳細を見る
耳原総合病院
耳原総合病院
大阪府堺市
募集科目を見る

他のインタビューを見る

斎藤 和則

斎藤 和則
副病院長

総合性と専門性を得られる病院    

インタビューの詳細を見る
春木 康子

春木 康子
病棟師長

医師と看護の風通し良い病院     

インタビューの詳細を見る

その他の診療所

その他の診療所(地図) 狭山みんなの診療所 吉野診療所
吉野診療所

吉野診療所

地域密着型の医療と介護を行っています。
皆さんに楽しい1日を過ごしていただいています。

診療所の詳細を見る
狭山みんなの診療所

狭山みんなの診療所

北野田医療生協の二つ目の診療所として、2000年に誕生した診療所で、13年目を迎えています。

診療所の詳細を見る

大阪民主医療機関連合会 常勤医師募集

コープおおさか病院

コープおおさか病院 大阪府大阪市

  • 一般外科
  • 消化器外科
  • リハビリテーション科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 眼科
  • 小児科
西淀病院

西淀病院 大阪府大阪市

  • 内分泌内科
  • 循環器内科
  • 呼吸器内科
  • 消化器内科
  • 人工透析科
  • 一般内科
耳原総合病院

耳原総合病院 大阪府堺市

  • 呼吸器内科
  • 緩和ケア
  • 乳腺外科
  • 神経内科
  • リハビリテーション科
  • 呼吸器外科
  • 小児科
  • 眼科
  • 麻酔科
  • ICU
  • ER
東大阪生協病院

東大阪生協病院 大阪府東大阪市

  • 一般内科
  • 呼吸器内科
  • 内分泌内科
  • リハビリテーション科
  • 整形外科
  • 健診・ドック
吉野診療所

吉野診療所 大阪府大阪市

  • 診療所所長
狭山みんなの診療所

狭山みんなの診療所 大阪府狭山市

  • 診療所所長
募集科目一覧はこちら