• 検討中リスト
  • 閲覧履歴

〈内科:40代女性〉1年間の非常勤勤務を「選択」して、念願の勤務先で常勤へシフト

1年間の非常勤勤務を「選択」して、念願の勤務先で常勤へシフト。

前向きな行動力と強い信念で、着実に希望を叶えた転職

****************************

●プロフィール

・40歳代/女性

・近畿エリア在住

●転職前

・年収:1300万円(週4)

・雇用形態:常勤

・診療科目:スポーツ医学、放射線科、内科

・勤務先:大学

●転職後

・年収:1,620万円 (週4)

・雇用形態:常勤

・診療科目: 内科(免疫医療・再生医療)

・勤務先:クリニック

・転居:なし

****************************

◆「Dr.転職なび」が考える、成功のポイント

・やりたいことを叶えるための選択として、「非常勤勤務」を選んだ信念の強さ

・「非常勤勤務」の期間で、常勤先としての見極めや人間関係の構築をしっかり行った

転職のきっかけ、希望したこと

子どもたちとの時間を最優先しながら働ける転職を希望

家庭・育児との両立のために、転職を考えました。

前の勤務先は大学で、土日も大学行事や学生へのオリエンテーション等で出勤することも多くありました。そのため、なかなか子どもたちとの時間を確保できないことが悩みでした。

現在3人の子育て中なのですが、主人も医師で単身赴任中。実質、一人で仕事と育児をしています。そんな多忙な日々の中で、子どもたちのイベント事に参加できなかったり、受験で大変な時期だったりしたこともあって。主人にも相談を重ねて、大学を退職することにしました。

入職先が決定するまでの流れ

大学の退職を決めた後に本格的な転職活動に入ったのですが、以前からずっと携わりたいと考えていた「がんに関する免疫療法」をキーワードとして求人を探すことにしました。

今までの訪問・在宅診療での勤務経験や、身近で統合医療や免疫療法を経験している方がいらっしゃったことも影響して、いつか医師として関わりたい領域でした。

運命の「非常勤求人」との出会い

まずは、前職の退職前に登録していた医師求人サイトで情報収集を始めました。

そのなかの1つ「Dr.アルなび」で、まさに理想としている「免疫細胞療法を提供するクリニック」での非常勤募集を見つけたんです。それが、現在の勤務先との出会いです。入職の約1年前ですね。

その求人を見て、早速問い合わせをしました。キャリアアドバイザーを通して「常勤としての募集はないか?」とクリニックへ確認してもらいましたが、あいにく「すぐに常勤で受け入れをすることが難しい」との回答でした。そこで、まずは元々募集していた週1回の募集に応募して、そのクリニックで「非常勤医師」として勤務を始めることにしたんです。

常勤としての受け入れを待つ1年間は、複数の施設で非常勤勤務

次の常勤先の選択肢としてそのクリニック以外には考えられなかったので、他の常勤求人の検討はほぼしていません。

なので前職を退職してからの約1年間は、そのクリニックが常勤として受け入れてくれる時期を待ちながら、複数の医療機関で非常勤勤務をしていました。

その間に勤務した求人先は、すべて「Dr.アルなび」で探しました。

いくつかの求人サイトに登録はしていたのですが、とにかく求人検索がしやすかったですし、キャリアアドバイザーの方の対応も安心できるものだったので、最後は結局このサイトだけに絞って使っていましたね。

勤務内容としては、本当に色々な仕事をしました。内科外来や訪問診療、自由診療系の問診、空いている日にはスポットで健診や救急外来・当直にも入りました。特に当直勤務は、かなり久しぶりで。これまで少し遠ざかっていた処置や対応を改めて経験して、医師としての自信を確かめられるとても良い機会になりました。

本命先では常勤勤務のイメージを深め、人間関係も構

色々な仕事をしつつ、本命であるクリニックでの非常勤勤務もしっかり続けました。

今思い返せば、いきなり常勤医師としてではなくまずは非常勤として勤務に入っていけたことは、ファーストステップとして良い形だったのかもしれません。

毎週通えば現場の雰囲気も分かってきますし、「自分が常勤医師となったら、ここで何ができるのか」ということが具体的にイメージできました。自分の中で、とてもスムーズに常勤としての入職まで進んでいった感覚でした。

非常勤として約1年勤務ののち、希望通り常勤医師として今は勤務をしています。

勤務形態は「非常勤→常勤」に変わりましたが、すでにスタッフとの信頼関係が築けていたことはとても大きかったですね。お互いに家庭の事情なども理解してサポートし合える、とても良い勤務環境だと思っています。仕事の内容も、以前イメージしていたものと実際に働いてみての相違はありません。

◆転職で実現できたこと

前向きな行動力と強い信念で、希望の働き方を実現

転職して、だいぶ人間らしい生活…というのは冗談ですが、家族との時間をきちんと確保できる働き方ができるようになりました。事務長がよく配慮してくださるおかげもあって、当初の目標としていた家庭・育児との両立もしっかりと叶っています。

加えて、仕事内容にもとても満足しています。以前から医師として強い関心を持っていた領域ですし、患者様とより近い距離感での診療は責任も大きいですが、やりがいもその分大きいですね。収入も以前より上がりました。

「Dr.転職なび」「Dr.アルなび」を利用した感想

「Dr.アルなび」は、求人検索のしやすさが本当に秀逸でかなり重宝していました。

情報の更新も早いし、応募も簡単なので、時間ができる度にいつも眺めていました。毎日ログインポイントも貯まるのも嬉しいですね。

私たち医師には、毎日色々な求人サイトから膨大な数のメールが届きますよね。

でもそれを開封して、さらにそのなかから自分に必要な情報をチェックすることだけでも、かなりの負担になります。

メールを開封する頃には求人情報の鮮度もかなり落ちていて、気になる求人があってもすでに募集終了になっていたりもします。

なので、私はいつもリアルタイムで希望の求人の検索ができる「Dr.アルなび」で情報収集していました。

転職を検討している先生にメッセージ

仕事と家庭・育児との両立でお悩みの先生は、私の他にも多くいらっしゃると思います。

また「今の働き方を変えたい」と思いながらも、お子さんがいらっしゃることでなかなか転職に踏み出せない、という方もいらっしゃるかもしれません。

少し我が家の話をさせてもらうと、夫婦ともに医師で共働きですし、現在主人は単身赴任中。結婚以来、ずっといわゆるワンオペです。それでも、仕事はずっと続けてきました。

そのなかで子どもに我慢させていることも、多くあったと思います。

以前の私も行事に参加できなかったり、子どもとの時間を思うように作ることができなかったり、悩むこともたくさんありました。

でも、子どもは意外と「仕事を頑張るママ」をよく見ています。そして、そんなママを「好き」と言ってくれるんですよね。

私は長男の育休後・生後三か月に、フルタイムの常勤として復帰しました。

その時も、仕事と慣れない育児との両立という壁にぶつかりました。本当に悩みましたが、「今は子どもと過ごす時間が大切な時期」と考え、常勤から時短勤務さらにパート勤務に働き方を変えたこともありました。

この時のように「仕事を頑張る自分」を後回しにしてきたこともありますが、それは「妥協した」のではなく、自分がそれを「選択をした」と思っていくようにしています。

きっと「妥協」や「我慢」を自分の中で続けていたら、「ママはもっと仕事をしたかったのに」という言葉を、子どもたちに投げかけてしまう日がいつか来るんじゃないかと思ったんです。それよりも、「ママもやりたいこと、楽しいことをやっている。だからあなたたちも頑張って」と言えるような親子になりたいなと思って。

今では子どもたちも大きく成長してくれたので、私の話を聞いてくれたり、疲れてリビングで寝落ちしていると毛布をかけてくれたり。以前は「子供の前では笑顔でいないと」と気負ったりしていましたが、今は弱いところも見せられる、すごく風通しの良い関係になりました。

もし今動くことが「無理」と思うのであれば、誰かに頼む、助けてもらう。または、今ではなく来年や再来年などのタイミングを待ってみるなど、色々な「選択」があります。

なので、医師としてやりたいことへの気持ちは絶やさずに持ち続けていただきたいです。しんどくても細々とでもいいので、自分のやりたいことは諦めずに。

今回の転職では、自分が何歳になっても、育児中のママであっても、「新しいこと」や「やりたいこと」がまだまだできるんだということを実感できました。

非常勤勤務では、「Dr.アルなび」のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるおかげで安心して勤務に望むことができましたし、様々なことに挑戦できました。

「挑戦してみて、もし失敗しても、また道を変えてみれば良い」という気持ちで、自分の気持ちに正直にこれからも仕事をしてきたいと思っています。

関連記事

ページトップへ戻る